トップページ > ニュース > 南房総国際交流協会 > 日本で役目を終えた本が米国ワシントン州で活躍!!

南房総国際交流協会 ニュース

2020年1月15日
日本で役目を終えた本が米国ワシントン州で活躍!!
拡大写真
昔ばなしを手に取り喜ぶ子供たち

南房総市とアメリカ・ワシントン州・ファーンデイル市は姉妹都市で、その交流は28年になります。
毎年ファーンデイル市のイベントに参加したり、市長や姉妹都市委員会の方などが、相互に訪問し、交流を深めています。
今回は、この交流の縁で、市内で閉校となった小学校の児童図書をシアトルの日本語補習学校で再活用出来ることになり、昨年11月には「南房総昔ばなし」等を含む218冊の図書を船便で輸送しました。 
ワシントン州の核となるこの補習学校はシアトル在住の日本人の子供たちが土曜日に日本語を学ぶ学校で、在住日本人のコミュニティーの場でもあります。
補習学校の児童たちは早速、出身県の昔ばなしの図書などを冬休み中に読もうと、借りて行ったそうです。 
またここでも興味深い交流の輪が広がりそうですね。

南房総国際交流協会はこの様な活動を続けています。
国際交流や海外に興味のある方は是非南房総国際交流協会に入会を!

【投稿者 南房総国際交流協会 mboso.iea@gmail.com
▲ページの先頭に戻る