トップページ > ニュース > 彫工の里ふるさと千倉の会 > 2017年2月後藤流宮彫り師の作品展示会

彫工の里ふるさと千倉の会 ニュース

2017年3月19日
2017年2月後藤流宮彫り師の作品展示会
拡大写真
展示作品は間近に見る事ができます。
拡大写真
まるで今にも動きそうです。
拡大写真
これほど沢山の工具(鑿)を駆使して彫るのです。
拡大写真
漢文の授業のようでした。
拡大写真
スライドによる説明は来場者とも身近になります。

昨年の第一回後藤流宮彫り師の作品展に続き2017年2月6日(月)~2月15日(木)の
10日間、同様の作品展第二回を同じく後藤義光展示館にて開催しました。
前回の作品より義光作品の欄間彫刻や義孝使用の鑿が加わり展示内容も充実し加えて新聞社様の強力も得られた結果、大変盛況のうちに述べ424名の多くの来館者が訪れ、
普段決して手に取る程間近では見れない彫刻作品群や使用工具150本(鑿)を鑑賞し、又寿蔵碑の碑文解説を聴講し改めて後藤流宮彫師を認識されていかれました。
これにより千倉にある後藤義光展示館を内外に広めることができ今後の活動にも繋がることとなりました。

【投稿者 彫工の里ふるさと千倉の会 ok0109aoki@ybb.ne.jp
▲ページの先頭に戻る